Menu

HOME

Home
ムカイダ歯科医院|名古屋市/千種区/歯科/歯医者/審美歯科/矯正歯科/TOP

名古屋市千種区にあります、ムカイダ歯科医院では、一般歯科だけでなく、審美歯科、矯正歯科などにも対応しております。

名古屋市千種区にあります、ムカイダ歯科医院では、一般歯科だけでなく、審美歯科、矯正歯科などにも対応しております。
名古屋市千種区光が丘にありますムカイダ歯科医院です。
歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、審美歯科、歯周病、矯正歯科、マウスガードに対応しております。
また、咬合調整、顎関節の健康相談、子どもの歯の発育期に関する健康相談、歯周病に関する健康相談を随時おこなっておりますのでお気軽にご相談下さい。

  歯科用CT

歯科用CT


より正確な診断・治療が行えるよう歯科用CTを導入しました。

インプラント治療においては、通常の歯の治療で撮影するパノラマレントゲン写真だけでは顎の骨の断面は全くわかりません。
インプラントの手術を安全に行うためには、骨の断面を見て神経の位置や骨の量を確認することが必要です。

  デジタルレントゲン

デジタルレントゲン


レントゲンが必要なければそれに越したことはありませんが、冠の下の状態や、骨の状態、虫歯の大きさなどレントゲンを撮影しないと診断できないことが多くあります。
当院では出来る限り被爆量が少なくなるようデジタルレントゲンを導入いたしました。通常のレントゲンに比べパノラマ撮影で約1/4 、CT(3D)撮影で約1/2の被爆量ですむレントゲンです。

ドライマウスについて

口やのどが渇く、味が何か最近おかしい、口臭が気になる、乾いた食品を食べられない、
食べ物をうまく飲み込めないといった症状が気になる人は、ドライマウスかもしれません。


■ドライマウスの症状
ドライマウスとは、さまざまな原因で唾液の分泌作用が低下することにより、
口の中が乾燥する病気で、口腔乾燥症ともよばれます。

ドライマウスを発症すると、口の中が乾燥するので「話がしにくい」や「ものが食べにくい」、「口がネバネバする」などの症状が引き起こされます。
また、唾液で抑えていた免疫機能が低下し、風邪をひきやすくなったり、むし歯が増えることもあります。

■ドライマウスが起こる原因

(1)ストレス
唾液の分泌は自律神経によってコントロールされているため、
ストレスがあると唾液の分泌が正常に行われなくなります。

(2)薬による副作用
薬の副作用によって、ドライマウスになることもあります。
花粉症やアレルギーの薬、高血圧の薬、鎮痛剤などの副作用により口の渇きといった症状が引き起こされます。

(3)喫煙・アルコール
喫煙により、交感神経が刺激され唾液が減少したり、アルコールの利尿作用により、口の中が乾きやすくなります。

(4)口呼吸
口呼吸が多くなると口の中の粘膜が乾燥し、ドライマウスになりやすくなります。


ドライマウスになる原因としては、さまざまな要因があげられます。
出っ歯や歯列不正、咬み合せの異常による口呼吸が原因のことも多く、
口の渇きを長期間にわたって感じる場合には、早めに相談してくださいね。